【飲み屋へ行こう】東京都千代田区「ツバキ 神田鍛冶町」(神田駅)

不定期にて飲食店の名店を紹介する「飲み屋へ行こう」。

今回ご紹介する「ツバキ 神田鍛冶町」は、東京都台東区「ふくはら酒店」さんからのご紹介です。

ツバキ 神田鍛冶町

「ツバキ 神田鍛冶町」は2014年にオープン。竹内店長が一人で始めたお店になります。
「日本酒利き酒Bar」らしく、日本酒との出会いを大切にしていることが伝わります。
さらにお客さんが望めば、店長とゆるゆるとお酒の話を楽しめ、肩の力がすっと抜ける憩いのお店です。

この日は既にお客さんがいらっしゃったので、許可をもらってインタビューさせてもらいました。

―店長、今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

―「ふくはら酒店」さんからご紹介いただきまして。

「ふくはら酒店」さんは、私たちのような個人店のニーズにも丁寧に対応していただけます。「ツバキ」はお酒を通常のケース買いでなく、一銘柄一本ずつ仕入れているので、複数の銘柄を組み合わせてまとめて何本という形式で送ってもらったりと、お世話になっています。

―現住所におひとりでオープンされたとのことですが。

もともと日本酒はあまり好まなかったのですが、仕事で、地方の物産展のような形式のお酒フェアに関わる機会がありまして、そこで福島県の「寿月」のひやおろしを飲んでみたら特別美味しく感じまして。
それをきっかけに日本酒にハマりまして、もともとこの場所も事務所用に借りたんですが、大家さんとあれこれ相談した結果、今のお店につながりました。

―「ツバキ」では、定番の酒を用意せず、日替わりでお酒を用意されているとうかがいました。

そうですね。さきにお話しした特別美味しく感じたお酒についてもそうなのですが、お酒は体調や、環境によっても味わいから受ける印象が変わりますよね。「あれ?このお酒はこんなに美味しかったっけ?」っていうこともあれば、その逆のこともありますし。

お酒にハマるきっかけとして、美味しい出会いがとても大きいと思いますので、出会いの機会を広げるために、お店に置くお酒の種類をどんどん変えていきたい、ということですね。
私もまだまだ飲んだことのないお酒がたくさんありますから(笑)

―(店長がカウンターのお客さんに向かい)Aさんの場合は、広島でしたよね?

Aさん:私は「天寶一」ですね。広島に行って、蔵の人に仕込み水と一緒に出してもらってね。すっごく美味しく感じて、そこから日本酒が好きになったね。

―なるほど。確かに特別に思い出深い出会いはありますね。私の場合は……、
と、ひとしきりお酒談義に花が咲きました。

天吹 うるとらまりん

「この記事が投稿される頃には、残念ながら恐らく空いてしまっていますね。」と、店長がお話ししました「うるとらまりん」です(泣)
魚介系に相性ばっちりの、酸がさわやかで、ふくよかな味わいの広がりがありながらも、主張しすぎない食中酒です。天吹酒造のお酒の中でもレア感が高めのお酒になりまして、おなじ味わいが楽しめるものとしては「I LOVE SUSHI」のラベルの方が入手しやすいかもしれません。

店長いわく、「天吹酒造さんは新しい造りにチャレンジされている蔵元さんだなという印象があります。昨年の雄町のひやおろしにはやられました。」とのことです。「天吹さんは華やかなタイプのお酒が先に有名になりましたから、「うるとらまりん」のような辛口は珍しい感じがしますよね。」

「ツバキ」のメニュー

「おつまみ3種盛り合わせ」が素早く出せるということで、お願いし(なぜか4種)、つまみながら先のインタビューをしておりました。

「ツバキ」は店長の親元が千葉県で、そこで作った野菜等がメニューに採用されています。お酒にあわせてつまみながら楽しみましたが、なかでも人気なのは魚の燻製とのことです。
今回はサバの燻製をお願いしました。

他にも時期によっては、いろんな種類の食べ物が集まるとのことで、お酒に限らず、お食事にも意外な出会いが楽しめそうです。

お店情報

「ツバキ 神田鍛冶町」
公式FB https://www.facebook.com/kanda.tsubaki.sake/

住所 東京都千代田区神田鍛冶町3-5-3 1階
電話番号 03-6907-2954

営業時間 平日 18:00~0:00
土日 閉店

・JR神田駅 北口より徒歩3分
・銀座線 神田駅5番出口より徒歩2分
・丸の内線 淡路町駅1番出口より徒歩5分

 

Facebooktwitter

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

Feature イチオシのお酒を見る