じょっぱり梅原酒

日本国内梅の実の北限は青森県と言う説があり、その青森県南部町産「豊後梅(ブンゴウメ)」を一つ一つ丁寧に手洗いし漬け込み醸し出しました。
清酒ならではの力強い味わいとコク、梅特有の酸味がバランス良く整った、とろりとした「純青森県産」を目指した青森県内初めての梅酒です。

お勧めの飲み方:常温または冷やしてストレートでお飲み頂くか、炭酸割もお薦めいたします。
また、氷をたっぷり入れてロックでお飲みいただきますと、徐々にアルコールが薄くなり味の変化が、お楽しみいただけます。

このお酒について DATA

store information 買えるかもしれないお店

勝鬨酒販

〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11

Relation

このお酒の蔵元

六花酒造

弊社は、昭和47年(1972年)に弘前の名門蔵元3社「白藤」「白梅」「一洋」が合併した企業です。当時の弘前では大手酒造メーカーの進出が激しくなり、これに対抗するため地元の有力3社が結集することで、津軽の地酒を守ることとしたのです。
合併までの5年間は物議をかもしましたが、津軽の酒の伝統を守るためついに一致団結し、六花酒造株式会社が立ち上がったのです。酒造免許は、8代253年の歴史を持つ白藤の高嶋屋の資格が優先されました。
社名の「六花酒造」とは当時の弘前市長の命名によるもので、「雪の結晶」を意味し、津軽の風土と酒造りを象徴しています。

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

Feature イチオシのお酒を見る