日本酒 Japanease SAKE

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。

萬屋酒店:人間の都合に合わせる仕事でなく、微生物にあわせての仕込み。
「和を持って貴しと成す」
その造りをコスト度外視で伝承する蔵元そして蔵人です。
萬屋が酒をお客様に手渡す原点のお酒です。

宮島酒店:長野県で最も勢いのある酒蔵。
「シングルカスク」=タンク1本が一つの作品になる為、米農家から始まって生産者の顔が全て分かるようになっているのも強み。
「デリシャスリンゴ」をイメージさせる香りと酸味に、感動を覚えます。

鎌田本店:大信州酒造の酒造りは、北アルプス連峰の雪解け水が地中を巡り濾過された清冽な湧き水3種類(1.北アルプス連峰の伏流水=分子が小さい伏流水 2.信州和田峠の黒耀水=国内でも稀な超軟水 3.信州松代の皆神山の御神水=カルシウム分が豊富な軟水)を使い分け土造りから拘った酒造好適米を自家精米し、酒質に合わせ厳選しています。酒造りの基本は「原料と原料処理が重要。『1に蒸し、2に蒸し、3に蒸し』を基本に良い蒸米からは良い麹が生まれ、良い醪が出来ます。結果、旨い酒が搾りあがる。」との考えのもと飲み飽きしない軽さと上品な味わい、そしてキレの良い酒質を目指し酒を醸し続けています。

大阪屋酒店:蔵から見晴らすのは、凛々しい北アルプスの山並みと稲穂が風に揺れる田圃。湿度の低い環境が病害を寄せつけない健康な米を育み、さらに昼夜の寒暖差が旨みを凝縮させます。大地を潤すのは北アルプスからの雪解け水。やわらかでいて清々しい味わいは、長年月をかけて地中をめぐったからこそ。山々が白く粧う頃には凍てつく寒さが一帯を包み、酒造りの季節の到来を知らせます。
酒を醸すこと、それは蔵を取り巻くこれら大自然と融合することを意味します。人は決して逆らわず、静かに調和をとることに注力するのみ。水、米、自然、そして人が一体となり、やがて一滴へ。その一滴は、天の恵みにほかなりません。わたしたちは信州の地の恵みに感謝を捧げ、「天恵の美酒」を醸し続けます。

このお酒について DATA

store information 買えるかもしれないお店

青柳酒店

〒060-0063北海道札幌市中央区南3条西8丁目

酒舗 七蔵

〒064-0808 北海道札幌市中央区南8条西23丁目4−11

YUTAKA 北広島店

〒061-1274 北海道北広島市大曲工業団地7丁目3−4 ジョイフルエーケー大曲店内

久山酒店

〒811-2502 福岡県糟屋郡久山町山田1988−1

河口本舗

〒832-0089 福岡県柳川市田脇144−3

甲子屋酒店

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目9番地

三ツ矢酒店

〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目28−15

相澤酒店

〒390-0811 長野県松本市中央1丁目8−8

美好屋酒店

〒276-0034 千葉県八千代市八千代台西1丁目1−10

高原商店

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3丁目16−22

天野酒店

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2丁目3−7

宿萬酒店

〒208-0023 東京都武蔵村山市伊奈平5丁目41−1

宮島酒店

〒386-2201 長野県上田市真田町長5913−1

鍛治倉商店

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村 大字北城瑞穂3010

勝鬨酒販

〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

帝松

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。 海琳堂:寛永4年(1851年)…

Feature イチオシのお酒を見る

帝松

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。 海琳堂:寛永4年(1851年)…

天美

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。 SAKE Street:「天美…