日本酒 Japanease SAKE

十旭日、おろちの舞、出雲だより

銘酒により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。

深井中野酒本店:島根県出雲市、普通なら酒蔵などありそうもないアーケード商店街の中に蔵はあります。創業は明治2年、当時の銘柄は「白雪」だったそうです。それが明治40年に山陰地方巡行の大正天皇(当時は皇太子)に随行された、木戸孝正侍従長への献上酒が“天下一品の美酒なり”と賞賛され「十旭日」の揮毫を受け、酒名を「十(じゅうじ)旭日」としました。
コクのあるしっかりとした味わいと、後切れの良い喉越しが特徴で、ほとんどの商品を無濾過のまま出荷しています。また、熟成酒の分野にも力を注いでおり、独特の芳醇で旨みたっぷりの熟成酒を限定販売しています。
現在は出雲杜氏を中心に蔵元の実娘である寺田夫妻をはじめ、若いスタッフとベテランとが良い関係を保って酒造りを行っています。若い夫婦は特に研究熱心で、今後どういう酒造りをし、何を守っていくべきなのかということをしっかりと見据えている蔵元さんです。島根のダークホース的なお酒でこれからは特に注目です!

出口屋:島根県は出雲の地酒。
ラベルの「✚」は矢筈十字と言い、この✚を「じゅうじ」と読んで銘柄名を「じゅうじあさひ」と読みます。初めてラベルを見た人はまず読めません。
年々消費量は減ってはいるものの、まだまだ地元での普通酒需要が多いらしく、出雲縁結び空港から出雲市駅に向かうバスから、外を眺めていると電柱に「十旭日」の看板をたくさん見つけることができます。
メインで使っているお米は地元産の改良雄町、佐香錦、五百万石と、岡山県「まめ農園」さんの雄町です。
まめ農園さんは生酛のお酒が大好きで、自分が納得した生酛を造る蔵としか取引きしていないとか。ちなみにまめ農園さんの雄町は、当店が扱う北島、龍勢の生酛にも使われています。
十旭日の古くからのファンはパンチのある、原酒シリーズを好む傾向にありますが、最近では加水シリーズにも力を入れていて、「十旭日=重い酒」ではなく温度や度数で遊べる酒へと進化しています。

このお酒について DATA

store information 買えるかもしれないお店

ヤマツ柳屋

〒333-0844 埼玉県川口市上青木6丁目26−20

酒舗 西浦

〒260-0033 千葉県千葉市中央春日2丁目25−2

坂戸屋

〒213-0033
神奈川県川崎市高津区下作延2丁目9番9号 MSBビル1F

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

敷嶋

銘柄により酒屋様に取扱い無い場合もございます。予めご了承ください。 マルト塩尻商店:酒蔵復活への半歩…

Feature イチオシのお酒を見る

敷嶋

銘柄により酒屋様に取扱い無い場合もございます。予めご了承ください。 マルト塩尻商店:酒蔵復活への半歩…