日本酒 Japanease SAKE

琥泉、仙介、泉正宗

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。

地酒とワインの濱田屋:泉酒造は、平成7年1月17日阪神大震災で、蔵のほとんどが焼失し、酒造りを中断しておりました。それが、平成19年、実に12年ぶりに復活して酒造りを始めた時に名付けられたのが「仙介」です。
多くの蔵元が震災から立ち直れずに廃業していった事を考えると、実に嬉しい事です。
ちなみに「仙介」とは、代々の当主が襲名する名前です。
古くから続く蔵元では、こうして当主が同じ名前を襲名する事がよくあります。
当店でも昔からおつき合いのある「大黒正宗」の製造元、安福又四郎商店さんも、当主が襲名する名前がそのまま会社名になっています。
現在中心になっているのは西野藍さん女性の取締役で先代の仙介のお孫さんにあたります。震災の時はまだ高校生で、まさか酒造りに自分が携わるとは思ってもいなかったとの事。学校を出てからは別の仕事をされておられましたが、平成17年に泉酒造に入社し、日本酒の事を知るにつれ、想いがつのり、もう一度酒造りを復活させる事を決意されたそうです。
仙介の酒造り
仙介の流儀は灘伝統の丹波流を踏襲しているとのことです。
洗米は基本的に機械も使いますが、麹米麹米など大切な部分は手洗いで丁寧に洗っています。
醸造タンクは、全て温度調節可能なジャケットタンクと呼ばれる吟醸用のタンクを用いて仕込み、理想的な温度管理が可能な設備を持っています。こうして仕込まれたお酒は冷蔵設備の管理された貯蔵室と冷蔵コンテナで貯蔵されます。
純米吟醸や限定酒の瓶詰めについては「瓶燗火入れ」と呼ばれる方法で殺菌されています。
この方法だと、お酒は密閉した状態のまま加熱殺菌されますので、揮発性の高い香りが逃げず、風味が保たれますし、すぐに冷却する事ができますので、お酒が受ける加熱のショックも最小限におさえる事ができるのです。

このお酒について DATA

store information 買えるかもしれないお店

酒 真せき

〒330-0855 埼玉県さいたま市大宮区上小町462

谷酒店

〒583-0024 大阪府藤井寺市藤井寺1丁目2−24 谷ビル1階

酒の小林

〒554-0021 大阪府大阪市此花区春日出北1丁目3−8

美好屋酒店

〒276-0034 千葉県八千代市八千代台西1丁目1−10

酒の山尾

〒695-0011 島根県江津市江津町847−1

築地酒店

〒193-0834 東京都八王子市東浅川町521-5

赤西酒店

〒652-0046 兵庫県神戸市兵庫区上沢通8丁目3-6

生島商店

〒564-0032 大阪府吹田市内本町3丁目34−2

芳地商店

〒650-0013 兵庫県神戸市中央区花隈町13−6

木下名酒店

〒565-0862 大阪府吹田市津雲台1丁目1−30−102 阪急南千里駅前トナリエ1F

東部酒販

〒861-2118 熊本県熊本市東区花立2丁目3−11

させ酒店

〒263-0024
千葉県千葉市稲毛区穴川3-3-3

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

Feature イチオシのお酒を見る