蔵元の紹介 Brewery's data

鳩正宗

創業当時は、当地を流れる稲生川に因んだ「稲生正宗」の銘柄で親しまれていましたが、昭和初期のある日、一羽の白鳩が蔵に舞い込み神棚に住みつきました。
当主の先々代は神への信心が篤く、この鳩を家の守り神として大切に飼い、死後も鳩神様として祀り、以後「鳩正宗」と改名いたしました。

この蔵元について BREWERY'S DATA

代表者 稲本 修明
本社所在地 〒034-0001 青森県十和田市大字三本木字稲吉176-2
電話番号
公式HP http://www.hatomasa.jp/

brewery profile 蔵元について・受賞歴など

沿革


明治32年

稲本商店醸造部として創業

大正14年

株式会社稲本商店となる

昭和19年

国の企業整備に基づき統合合併、
ニ北酒造株式会社三本木工場となる

昭和47年

現在地に新工場建設、鳩正宗工場となる

昭和59年

ニ北酒造株式会社より分離独立し、
鳩正宗株式会社として再発足

平成15年

焼酎乙類(副産物利用)期限付き免許取得

平成16年

粕取焼酎製造開始
粕取焼酎グラッパ「稲本屋利右衛門」発売
十和田市出身社内杜氏、佐藤企 誕生

平成16年 焼酎乙類(副産物利用)本免許取得
平成23年 佐藤企 青森県卓越技能者に認定される

十和田の美酒

十和田市にある蔵で「十和田の美酒」として酒造りをしている。「地酒は地方食文化の結晶である」を社是とし、八甲田・奥入瀬の伏流水を仕込水に使い、昔ながらの製法にこだわりながら、新しい技術を取り入れて地酒を作り続けている。

旨口の酒

酒のこだわりは、米の旨みを出すように心がけ、「旨口の酒」を念頭において、日本酒を造り続ける。
また、日本酒の伝統・文化をこれからも継承し、日本酒本来の旨さを様々な形でアプローチしながら、旨い日本酒を続けるよう、日々精進していきたい。

杜氏 佐藤 匠

昭和63年3月 東京農学大学・農学部 農学科 卒業
昭和63年3月 鳩正宗株式会社 入社
平成16年7月 南部杜氏
平成23年11月  青森県卓越技能者
平成26年2月 あおもりマイスター

Japanese SAKE lineup 蔵元が出しているお酒

Feature イチオシのお酒を見る

舞芋

熊本県球磨郡の契約農家で栽培した芋(黄金千貫)と国内産の米麹(黒麹)を原料に丹念に地元産で造り上げた…

蒸かし芋や焼き芋に適した芋として使用されているポリフェノールの一種アントシアニンが豊富に含まれている…

赤裸々

肥後の国熊本は、温暖な気候と肥沃な大地、豊富な地下水に恵まれた地域です。この大自然の恵みに育まれた熊…