焼酎 Shochu

『あさぎりの花』はナデシコ酵母の球磨焼酎、一味違った自然界の香味を醸し出す花酵母を使用した球磨焼酎です。
ナデシコの花言葉は「いつも愛して、純粋な愛」です。
あさぎりの花は、球磨焼酎で唯一「ナデシコの花酵母」を使った本格焼酎です。
撫子の花言葉のように、幅広く愛される球磨焼酎であるよう命名しました。
クセのない香り豊かな球磨焼酎で、女性の方や球磨焼酎が初めての方にも大変人気があります。

撫子の花酵母を使用しました
撫子(なでしこ)の花酵母は、発酵の段階から麹蔵周辺に吟醸の香りが漂います。
米の甘みも爽やかで華やかな香り高い焼酎を実現しました。

咲き広がるフルーティーで華やかな香り
人吉盆地では秋から冬にかけて日本一の朝霧がかかります。
「あさぎりの花」はその霧の季節に仕込みます。
平成15年、この蔵のあるあさぎり町の誕生を機に発売しました。

花酵母を使った初めての球磨焼酎
花酵母は、東京農業大学短期大学部醸造学科の中田久保教授が、世界で初めて野生の花から分離培養したものです。
その特性を引き出すため、高田酒造場で数年間の歳月をかけて「あさぎりの花」を造りました。

花酵母とは
東京農業大学短期大学部醸造学科より

花酵母は東京農業大学短期大学部醸造学科の中田久保教授が、世界で初めて野生の花から分離培養したもので、 自然界に咲く花々から様々な香味を醸し出す優良酵母を分離することに成功しました。

このお酒について DATA

  • 原材料 米・米麹
  • 白麹
  • アルコール度 25

store information 買えるかもしれないお店

Relation

このお酒の蔵元

高田酒造場

熊本県球磨郡あさぎり町の【合資会社高田酒造場】は焼酎造りにこだわり続けて100余年、球磨焼酎の伝統を守りながら、丁寧な仕込みにこだわり、常にチャレンジし続けています。
これまでの伝統を守りつつ、これからも米焼酎のイメージを覆すような新しい球磨焼酎を造り続けます。

『できるだけ自然のままに』これが私たちの焼酎造りの基本です。
焼酎は全て手造りで、昔ながらの石蔵の麹室、カメ(甕)仕込みを受け継ぎ、こだわりの少量生産を守っています。
仕込み蔵に入る山からの風、安定した環境の土の中のカメ、周りの自然環境もここだけの焼酎を造ります。
『100年の歴史を、次の100年につなげたい』
量を追わない、質を高め続ける焼酎造りを、私たちはこれからも続けていこうと思います。

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

萬緑

梅のような気品ある爽やかな香り。芳醇でありながら味わいの奥底から感じさせる酸味が切れ味を演出していま…

Feature イチオシのお酒を見る

UK-TONE

梅乃宿という伝統から少し離れ、自由に、純粋に自分達の思い描くままを形にしたお酒です。 UK-TONE…

萬緑

梅のような気品ある爽やかな香り。芳醇でありながら味わいの奥底から感じさせる酸味が切れ味を演出していま…

肥後の恵 黒 

蔵元のある熊本県の契約農家で栽培した芋(黄金千貫)と熊本産の米麹(黒麹)、仕込み水は清流球磨川の伏流…