蔵元の紹介 Brewery's data

房の露 株式会社

まだ陸の孤島といわれていたこの球磨地方を昭和20年代に訪れた歌人・吉野秀雄は「球磨焼酎のよろしさは、ひとたび飲みてついに忘れず」と詠んだ。 今では球磨焼酎の蔵元も随分減ったが500年続くこの球磨焼酎の伝統と技術を生かしながらも、 伝統を継承するだけではなく新しい研究開発や設備を取り入れながら緩やかに伝統を創り上げていきたい。 また、海外からの参入も年々増える中この美しい水と米などの原料と澄んだ空気に恵まれた球磨地方の風土を生かし、この地でしか造れない本格焼酎の製造をめざしていきたい。

この蔵元について BREWERY'S DATA

代表者 堤 和弘
本社所在地 〒868-0501 熊本県球磨郡多良木町多良木568
電話番号
公式HP http://fusanotsuyu.co.jp/

brewery profile 蔵元について・受賞歴など

01:貯蔵にこだわる -味に深みと複雑な隠し味を-

本格焼酎の様な蒸留酒は、熟成させれば熟成させる程味がまろやかになります。「時間」だけが本格焼酎のより良い隠し味といえるでしょう。 貯蔵の方法を樽に求めたり、陶器の甕に求めたり、あるいはビンの中で熟成させたりしその方法も多岐におよんでいます。そうすることによって、味に深みと複雑な隠し味を生み出すのです。 球磨地方の大自然の中で房の露の商品群は、ゆったりとした静かな時間の中で熟成しうま味を深めています。

「貯蔵にこだわる」イメージ
「原料にこだわる」イメージ

02:原料にこだわる

上質の本格焼酎を造る条件の一つは、原料にこだわることです。そのような意味でも原料の芋も自家農園で栽培をしています。何から何まで納得の行くものをという、私たちの思いが焼酎という形になって皆さまに届く事を念じながら、究極の味を追い求めています。

03:品質にこだわる

焼酎は生き物です。気温・湿度・材料の違い・酵母の状態、全てにおいて細心の注意を払っても払いすぎとは言えません。毎回仕込みをしてどんな焼酎が出来るのか、わくわくしながらも、ドキドキと胸にこみあげてくるものがあります。まるで子供を育てるように、愛情を注いでそれでも思いの丈を焼酎に生かすのは難しいものです。その難しさを知っている杜氏達だからこそ、頭を垂れて、もっともっと謙虚に「本物の焼酎」を探究し続けたいと思います。

「品質にこだわる」イメージ

杜氏から杜氏へ受け継がれていくもの。そこにはどんな妥協も許さない、ゆるぎない信念と情念があります。杜氏が有形無形に伝えるもの。それが伝統という言葉になるのかもしれません。杜氏達が消さないで受け継いできた熟練の技に、杜氏一人一人の感性が加わり、それが個性となって、伝統の中から生まれる新しい息吹となって焼酎に溶け込んでいます。

仕込みには真剣勝負で向き合います。酵母、麹には生命があります。その生命を育むように、毎日一喜一憂しながら顔を見に来るのです。元気で発酵している醪(もろみ)をみると嬉しくほっとします。一人でも多くの方に喜んで頂ける焼酎を造りたくて、手間を惜しまず、手塩にかけてそだてます。少しでも自分の気に入る焼酎を造れるまで研究を惜しまず力を注いでいきます。

Japanese SAKE lineup 蔵元が出しているお酒

Feature イチオシのお酒を見る

舞芋

熊本県球磨郡の契約農家で栽培した芋(黄金千貫)と国内産の米麹(黒麹)を原料に丹念に地元産で造り上げた…

蒸かし芋や焼き芋に適した芋として使用されているポリフェノールの一種アントシアニンが豊富に含まれている…

赤裸々

肥後の国熊本は、温暖な気候と肥沃な大地、豊富な地下水に恵まれた地域です。この大自然の恵みに育まれた熊…