蔵元の紹介 Brewery's data

相原酒造

蔵を代表する酒、「雨後の月」は、小説家徳富蘆花が明治33年に発表した随筆「自然と人生」の短編題より二代目・相原格が命名しました。
「雨上がりの空に、冴え冴え月が周りを明るく照らす」そんな澄み切った酒を醸したいと、蔵人が常に目標に掲げる名前です。

この蔵元について BREWERY'S DATA

代表者 代表取締役社長 相原 準一郎
本社所在地 〒737-0152 広島県呉市仁方本町1丁目25番15号
電話番号
公式HP https://www.ugonotsuki.com/

brewery profile 蔵元について・受賞歴など

一番美味しい日本酒を造る方法は、言わずと知れた「大吟醸造り」。それなら、吟醸酒や純米酒も同じ方法で醸したいと、全製品に大吟醸造りを施しています。

お酒は醸した後も「熟成」されます。良い熟成の条件は、低温でじっくりと味を深めていくこと。専用の冷蔵庫を完備し、全品を丁寧に保存熟成しています。

兵庫県特A地区秋津の「山田錦」、東条地区の「愛山」、岡山県赤磐地区の「雄町」、酒米の最高峰です。最上の酒米を吟味して使用。仁方の名水で丁寧に醸し、美味しいお酒が生まれます。

 

美味しいと思うお酒のために真摯にお酒を醸す。私達の信条です。
沢山造るより、楽に造るより、時間がかからないより、どうすれば美味しいかを考えて常に上を目指しています。

〜全国新酒鑑評会 8年連続受賞〜

 

全国新酒鑑評会

昭和54年・昭和58年~昭和59年・昭和61年・平成6年・平成11年・平成15〜17年・平成20〜21年・平成23〜30年 最高位金賞

広島国税局清酒鑑評会

昭和50年~昭和51年・昭和53年~昭和55年・昭和57年~昭和63年・平成2年・平成5年~平成26年 最高位優等賞

平成23年 吟醸部門 首席一位

平成25年 香りを主たる特徴とする清酒部門 首席一位

SAKE COMPETITION

平成25年 純米酒部門第一位 雨後の月山田錦特別純米

特選街主催 全国日本酒コンテスト

平成9年 純米吟醸・純米大吟醸部門 優勝「雨後の月」

平成8年 本醸造部門グランプリ「上選・雨後の月」

平成7年 大吟醸部門グランプリ「雨後の月」

第9回国際酒祭り(オタワ)

平成9年 純米吟醸・純米大吟醸部門 優勝「雨後の月」

 

Japanese SAKE lineup 蔵元が出しているお酒

Feature イチオシのお酒を見る

帝松

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。 海琳堂:寛永4年(1851年)…

天美

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。 SAKE Street:「天美…