日本酒 Japanease SAKE

白隠正宗

銘柄により酒屋様に取扱いの無い場合もございます。予めご了承ください。

銘酒処 田染荘:創業1804年。白隠正宗の名前は、臨済宗中興の祖と称される白隠禅師に由来します。
現在は醸造用アルコールを添加する酒造りを全廃し、純米造りのみを行っています。
それも地のお米で出来るだけ多く使いたいという考えからで、まさに地元に根ざした酒造りをされています。

酒の阿波屋:「白隠正宗(はくいんまさむね)」の蔵元・高嶋酒造さんは、静岡県沼津市にあります。創業・文化元年(1804年)という古い歴史を持つ蔵元さんです。「白隠正宗」の商号は明治17年からです。
沼津は、江戸時代は宿場街で栄えていたそうです。蔵の前の道は当時の主要道路「東海道?」だったそうです。
高嶋社長曰く、「ずーーーーーっと飲み続けられる酒」だそうです。
昨今は、派手なお酒がトレンドで、一口目のインパクト重視のお酒が多い。そういうお酒は1杯でいい。もちろんそんなお酒を否定はしませんが、この「白隠正宗」は1本飲めます。(笑)
≪オンリーワンである「白隠正宗」≫
白隠正宗の目指す酒は、時代と逆行しているかもしれません。フルーティーな香りを有し、一口で目の覚めるような香味の日本酒がもてはやされる中にあって、唯一と言っていいかもしれないこの「白隠正宗」の穏やかで・・・シルクの様に・・・口中をなめらかに通り過ぎる酒質。ある日本酒評論家に言わせると、「今、日本で最も注目する蔵元が二つある。ひとつは秋田の「新政」そして、もうひとつは、この静岡の「白隠正宗」」。

出口屋:干物をつまみに何を飲むか!?マイアンサーは「白隠正宗」。
白隠正宗を醸す高嶋酒造さんがあるのは、駿河湾を臨む沼津市の原という町。「地の食文化に合う酒」をモットーとしており、沼津名産の干物との相性は特に良い。初めて白隠正宗を飲んだ時の印象は、旨いけどちょっと重いかなという感じでした。
が、数年後とあるイベントで再び飲んでみると、以前のような重さなど微塵もなくとにかくドライで軽快。これはどういうことだろうか?と、イベントに来ていた蔵元杜氏の高嶋さんに聞いてみると、「これからはもっとドライにしていきます」との答え。
このイベントには最近主流の、甘さと酸を特徴とした、人気の蔵元が多数出品していましたが、白隠正宗を飲んだ後の私の舌にはどれも甘さが強く感じられ、白隠正宗のドライさがとても新鮮に感じました。
インパクトのある酸や甘味、香りはないが、大切な家族や仲間との食事や会話にそっと寄り添ってくれる白隠正宗にぞっこんであります。

このお酒について DATA

store information 買えるかもしれないお店

酒のなかや

〒467-0827 愛知県名古屋市瑞穂区下坂町2丁目44

酒の小林

〒554-0021 大阪府大阪市此花区春日出北1丁目3−8

朧酒店

〒105-0004 東京都港区新橋5丁目29−2 新正堂第二ビル

内田酒店

〒411-0858 静岡県三島市中央町6−11

三枝酒店

〒400-0071 山梨県甲府市羽黒町900−3

酒の赤鬼

〒719-1131 岡山県総社市中央5丁目4−102

水新酒店

〒189-0013 東京都東村山市栄町3丁目12−1

酒の阿波屋

〒801-0882 福岡県北九州市門司区清見2丁目16−27

緑屋酒店

〒370-0801 群馬県高崎市上並榎町42−8

させ酒店

〒263-0024
千葉県千葉市稲毛区穴川3-3-3

勝鬨酒販

〒104-0045 東京都中央区築地7-10-11

user's comment みんなのコメント

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期

pick up item 他のお酒を見る

敷嶋

銘柄により酒屋様に取扱い無い場合もございます。予めご了承ください。 マルト塩尻商店:酒蔵復活への半歩…

Feature イチオシのお酒を見る

敷嶋

銘柄により酒屋様に取扱い無い場合もございます。予めご了承ください。 マルト塩尻商店:酒蔵復活への半歩…