日本酒 Japanease SAKE

天吹 超辛口特別純米酒 

超辛口だが口当たりはやさしい、ピリ辛、薄辛ではありません。お米の旨さを活かしました。


何故、どうして?

一つには仕込み水が軟水でやわらかい味わいを表現してくれます。ご先祖様からの贈り物です。

お酒通の方はおっしゃいます。
「からくちを」欲しいと。

日本酒度で+12まで発酵させました。
甘味は感じません。

味わいは熟成した旨き味で後味はすっきりです。
お米の白さ(60%磨き)と山田錦の力、それにベコニア酵母の発酵力でしょう。

葉石かおり 著
日本酒テイスティングBOOKより抜粋

天吹 超辛口特別純米酒 生
しっとり感のあるコクに、やや強めの酸味を添わせ、爽やかな辛口かつスムーズな喉越しに仕立てている。
グレープフルーツを彷彿とさせる苦味を最後に持ってきて、スッキリと切れ上がる。
喉を通った後、辛味の寄り戻しがあり、余韻として心地よく残る。
クールかつニヒルな辛口酒の真骨頂といった風。
常温又は冷やが向く。
まぐろの漬け、炒り豆腐、焼き空豆などシンプルな肴と。

(お客さまのコメント)
超辛口特別純米を○×△酒店で購入し、その味に感動し思わず筆をとりました。以下感想です。

クリーミーでオイリーな米の旨味、かぐわしい燻煙香、濃醇でありながら軽快に切れる。あくまで滑らかな口あたり。山廃系の味だが重さは無い。「辛口」とは何なのかを考えさせられる美味。
酒屋で常温保存のものだったので期待していななかったが驚きの旨さ。冷やし過ぎず15℃以上で飲むと味が広がりよいと思う。このような酒が通年酒で存在することはおどろきでありすばらしいことでありありがたい。
フルーティやジューシィとは対極の日本酒の美味さを伝えてくれている。

生は緑瓶、火入れは茶褐色瓶です。

このお酒について DATA

  • 酒米 山田錦
  • 酵母 ベコニア
  • 精米 60%
  • 酸度 1.4
  • 日本酒度 12
  • アルコール度 15.5%

store information 買えるかもしれないお店

Relation

このお酒の蔵元

天吹酒造合資会社

日本の風土で育った米・米麹・水を原料に造られる日本酒は、世界でも有数の美酒といわれています。この3つを原料に、各蔵元の蔵人たちは技を競い、それぞれの味を極めてきました。
「天吹」の由来は、蔵元の北東にある天吹山にちなんで、名付けられました。元禄年間・創業以来、300年の歴史をもつ天吹は、実り豊かな佐賀平野で収穫された酒米と脊振山系のまろやかな伏流水を原材料としています。
花酵母により育まれた天吹は、冷蔵庫や地下貯蔵庫の中で静かに熟成され、天然のこくと風味を増していきます。

user's comment みんなのコメント

  • みなみ

    しっかりとした辛口です。
    口に入れた時ふわりとお花のような優しい香りがするのはベゴニア酵母ゆえ?
    爽やかな酸味とお米の豊かな旨味があって、ただ辛いだけではない、美味しいお酒でした。

    • [wp_ulike_comments]

あなたも投稿してみませんか

コメントを投稿するにはログインしてください。

このお酒の販売時期通年

pick up item 他のお酒を見る

萬緑

梅のような気品ある爽やかな香り。芳醇でありながら味わいの奥底から感じさせる酸味が切れ味を演出していま…

Feature イチオシのお酒を見る

UK-TONE

梅乃宿という伝統から少し離れ、自由に、純粋に自分達の思い描くままを形にしたお酒です。 UK-TONE…

萬緑

梅のような気品ある爽やかな香り。芳醇でありながら味わいの奥底から感じさせる酸味が切れ味を演出していま…

肥後の恵 黒 

蔵元のある熊本県の契約農家で栽培した芋(黄金千貫)と熊本産の米麹(黒麹)、仕込み水は清流球磨川の伏流…